結婚詐欺|「結婚をしたいなら、男の胃袋をつかむべし」と昔から言われています。そして…

「結婚をしたいなら、男性の胃袋をつかむべし」と古くから言われていて、耳にした事のある人も多いとは思います。そして…

「結婚を考えるなら、男の胃袋を掴んだほうが良い」と昔から言われているわけです。そして、それは真実ではないでしょうか。というのは、結婚したなら、普通で考えれば、一緒に住むことになるわけですが、そうなれば、もちろん、まいにち一緒に食事することになるので、料理をするのが得意で家事をしっかりしてくれる女性が必要とされているからです。とはいえ、「あなたの得意料理は何ですか?」と相手に質問された場合、カレーライス・パスタと返答するのはタブーですし、その後の印象を悪くするので要注意です。男性はパスタを軽い食事程度と思っています。そして、カレーは市販のルウさえあったらいいので、余程オリジナリティのあるものでなければ得意な料理ですと言われても男性受けはあまり良くありません。「得意料理は何ですか?」と尋ねられた際、お勧めしたいメニューは親子丼。気取った料理でもないですし、非常に家庭的な雰囲気にピッタリなのですが、食欲をそそる見た目に仕上げるのは難しい料理でもあります。そのため、料理が本当に得意なんだ、と思ってもらうことができますし男性からのリアクションもかなり良いので、実際に美味しく作れるように練習して、婚活に備えてみましょう。

結婚詐欺|それまで婚活について知識のなかった私の場合、結婚活動をしていくために、…

それまで婚活についてほとんど知識のなかった私の場合、婚活をするうえで、テレビ番組から得られる情報を参考にしてみました。テレビに登場する婚活実践者さんたちを見てると、自分のモチベーションにつながります。そのようなこともあり、私自身も婚活系のイベントにも出てみたいと思うようになりました。またそういった番組では、婚活の様子だけでなく婚活イベントや婚活パーティーの攻略のコツなどが紹介されていました。知識のない自分にとっては多くのことを学ぶことができましたし、その場で、「自分を過剰に飾らない」が大事なことなんだと思い知らされました。つまりは、自分を飾ることなく、正直な姿を相手に見せることで相手から信用できる人物であると思われるのです。ステキな教訓を得たので、今後の婚活を良いものにしていくつもりです。

婚活が目的のパーティーでは、自分が選ぶ権利もあるのですが…

婚活でやっているパーティーは、自分が相手を選ぶ権利もあるのですが、その逆に、選ばれる立場でもありますよね。また、この婚活イベントとして行われるパーティーは、いいなと思った相手から選んでもらえなければ意味がないのです。できるだけ広範囲の参加者からパートナーとして選ばれるには、ちょっとしたコツがあったりします。婚活でするパーティーでは、大体1人ずつ全員とわずかな時間ですが、話しをしていきます。出会った際に、はじめと最後に良い印象を与えられるように、笑顔を見せるんです。それで相手の男性はかなり喜びます。たったこれだけですが、結果が大きく変わるので驚きです。会話に関しては、、相手のことを深く知るまでの時間はありませんから、ニコニコ楽しそうにしているだけで問題ありません。けれども、ポイントとなる最初のあいさつ時と終了の際の笑顔については、確実に相手に好意が伝わるように、100%あなたのことを素敵だな、と思ってもらえるように笑顔を忘れないように心がけてください。笑顔があるのと無いのとでは結果は雲泥の差なので、面倒と思わずに、やってみてください。

結婚活動をし始めたころは、知人が相性の良さそうな相手を紹介してくれ…

結婚活動を始めたとき、仲の良い友達が率先して紹介やお見合いをセッティングしてくれることがたくさんありました。紹介してもらう男性に関しては、前もって、どういった感じの人が教えてくれるので何の心配もなく(自分の知っている人の知り合いでもあるので)二人きりで会うことが多かったわけですが、そういった状況になると、食事の席、当然お酒もありますし、お互いに充分大人ですから、何となく愛想よくするのが常識ある大人だと思うんですよ。しかし、出くわした男性のひとりがまともな人とはいえない態度だったんです。オシャレを決め込んでいるのか知りませんが帽子を脱がず、会話しようとしても目も合わさず、露骨に無愛想な態度をとられました。紹介とは言え、納得して来ているはずなのに「なんと!」と言葉も出ませんでした。そんな露骨に無愛想な態度をとられたら、よっぽど私が嫌なんだと普通はそう思うと思うんです。でも、帰ろうと一言も言わないんです。私の方でも、混乱してしまって思い切って理由を尋ねると、「俺、人見知りだから」と言われました。それを知り、本当に呆れてしまいました。せっかく席を設けてくれた友人に申し訳なくてその男性と別れた後事情を話し、謝ることにしました。ていうか、私が悪かったのかな?

結婚詐欺|過去に、結婚活動目的で開催されるイベントに出席してその時は、カップルとしては成立しなかったもの・・

その昔、婚活目的で開催されるパーティーに出席してその時は、カップルとしては成立しなかったものの、連絡先を交換しあった男性がいました。その後、会ってデートすることになりました。食事してから、ビルの最上階に登ったりして、一般的なデートをしました。夕方近くになり、もう帰ろうかなと思っていたらそのタイミングで相手にいきなり付き合いたいと告げられました。私を気に入ってくれたことは嬉しかったのですが、話をしてみて、正直、楽しいデートとは言えなかったので、「すみません」と、丁重にお断りしたのです。そのあと、その人はとても不機嫌になり、帰るに帰れず軟禁状態ともいえる状況に陥り、数時間も揉めることになりました。人格に問題があるような男性が結婚活動に参加することもある、と教訓にはなりました。だけど、二度とこのような体験は、ごめんです。

結婚活動時の女性に取り入れてほしい色があります。

結婚活動中に女性に、ぜひ取り入れてもらいたい色があります。それは、結婚運をアップさせてくれるピンクです。婚活でするイベントのときや毎日のライフスタイルの中にもラッキーカラーである「ピンク」を取り入れてみてください。だけど、ピンクにもいろいろあります。身についけてほしいピンクは、目にきつい蛍光色のピンクではないので、そこだけ意識しておきましょう。恋愛・結婚運の意味合いでピンクを取り入れるなら優しいイメージをもつ上品なピンクを上手く使ってみてください。肌がしっかりと潤い、あなたが、若さを武器にできる人であれば、ピンクを首や上半身に持ってくることで肌をキレイに見せらえれます。それから、強気な性格に誤解されやすい女性ならば、インナー類をピンクにすることで、優しい印象がプラスされ、品の良さ、心の余裕が出てくるはずです。ただ、洋服にピンクを取り入れることに抵抗を感じる人は、ハンカチだけ変えてみるのがお勧めです。

結婚詐欺|もしもあなたが、婚活が目的のアプリで出会いを求める場合は…

もしあなたが、ネット上でやり取りをする婚活アプリなどを用いて出会いを探す際は、気をつけておかないといけないことがあります。アプリでの出会いの場合、プロフ画像・メッセージなどで魅力的、と思えたのに実際に本人と出会った際、思っていたのと違って落ち込む・・・といった状況に遭遇する可能性があります。なので、実際に会ったときに落胆しないためにも、最初に、プロフ写真が自撮りだったのなら注意です。アップされた写真は、運良くキレイに取れた画像、といった可能性もあるし、それに、画像編集ソフトで修正している可能性がありえます。あとは顔の一部だけとか横顔だけ見せているのも要注意です。

結婚詐欺|「子供も欲しいし、結婚はしてみたいけど、まだ結婚活動をするのは早すぎる…

「結婚には興味があるものの、まだ婚活するのは時期尚早かもしれない」なんて思われているとしたらその認識は正しくありません。また、あなたが女性ならば、可能であれば、20代の時点で結婚活動をしておいた方が無難です。悔しいですが、20代と30代以降を比べると、実際のところ、需要に相当な開きがあります。悔しいですが、若い方が婚活では人気が集中しやすく、理想に合致した男性と出会うチャンスも格段に高いのです。さらに、婚活は自身で想像している以上にパートナーにめぐり逢い、結婚するまでの時間を要します。婚活を長くしているのに、良い縁にめぐまれないという事はざらにあります。なので、将来、後悔しないためにも、できるだけ、早めに結婚活動を検討しておくのがお勧めです。