再就職する際、とても重要視されるのがまぎれもなく「面接」だと言えます。

転職時にとても重要なのがまぎれもなく「面接」になります。

  • 再就職をする場合、かなり重要なのが「面接」です。大半、面接の際は、応募してきた人に対し、転職をする理由などまずは、こちらが質問される側となります。そしてほぼ100%、面接官の質問攻めが終わったら転職希望者から、面接担当の人へ聞いておきたかったことなどを質問できます。面接担当の人から「なにか弊社についての質問しておきたいことはありませんか?」と言ってくれるわけです。こんなときは、緊張して戸惑う可能性もありまよすね。こういった場面に備えて、予め不安に感じていることや疑問などの聞きたいことを準備しておきましょう。実際に仕事を始める前の段階であっても、いくつか疑問点は出てくるはずです。ぜひ、やってみてください。

    失業したときに受け取ることができる失業保険は、失業状態でなければもらえませんが、…

  • 失業した人に給付される失業保険は、失業している間もらえるが、「期間」が定められています。離職時までに働いていた期間によって変動し、90日とか120日とか決められるのですがこういった現実を知らない人が一定数います。失業を続ける限り給付されると勘違いして失業保険で生活すればいいと考えて遊び続けている人もいますが、失業保険はあと1ヶ月のみ、という段階で気づいてから焦りながら就業先を探してもよい会社を見つけるのは困難です。転職を希望している会社の面接官もバカではないので、「いつ頃失業したか」「失業から、どのくらい経つか」「その間、何をしていたか」といった内容はそこそこわかるはずです。ときには、面接の際にその手の質問をされることもあります。返答に詰まったり、自身を良く見せようとバレバレの嘘をついてしまうと、採用は極めて難しくなります。

    新しい仕事についてすぐはいきなり年収に関して高望みはしないほうが無難です。

  • 転職の意思があるのなら、「年間報酬」の理想を高くしないようにしましょう。はじめの年はほとんどの場合「試用期間」が含まれている場合がことが考えられます。私自身の場合は苦労の末手にした仕事なのに、予想に反して前の職場での年間報酬とほぼ同額でした。おまけに、仕事内容はきつくたいへん責任を伴い1年目を乗り越えるのに非常に苦労しました。ではどうすればいいのでしょうか。それは、転職1年目は、勉強する期間と割り切ってしまい、出来る限り転職するよりも前から貯金しておき、仕事に没頭した方が良いと思います。

    転職詐欺|今の仕事と転職活動を並行する人は多いです。

  • 転職活動と現在の仕事の同時進行を行う人は少なくありません。けれども、仕事をしながら求人をチェックし、さらに応募手続きをし、面接に臨むのは精神も肉体も消耗が激しいといえます。転職活動中は、現在の会社の同僚や上司にもバレないようにやり過ごさなければいけません。このようなとき、「とりあえず応募しておこう」という人がいるのですが、もしも、書類選考が通ってしまい、面接が決定した後で辞退すると今後の転職がうまくいかなくなるおそれがあります。転職エージェントを利用して応募していた場合は、そのエージェントに対する印象に響きますし、そうではなく自分でダイレクトに応募したとしても、相手企業からの電話・メールがしつこくやってくることもあります。自分の大事な時間を浪費することとなるため、行くつもりのない会社は、最初から応募しないのが正解です。転職活動は新卒の就活とは全く異なるものであると理解しておきましょう。

    求人情報には多くの職場では月の収入が記載されているはずです。

  • 求人についての情報誌やサイトを見てみると、多くの企業では月の収入が記載されているはずです。ただしこの箇所を確認する際は、深く確認する事が大事です。その数字だけを見て判断しないほうが良いです。そのわけは企業によっては、月収の額の中に「毎月10時間分の残業」を前提に計算されている可能性もあります。それは残業代をトータルすることで金額が高く見えるようにしていることも珍しくありません。そのほか、「歩合給」をつけると表記している案件にも注意が必要です。歩合の割合をかなり多めにした上で、月収を高く見せているケースもあったります。だから、そうやってよく分かっていない人たちを扇動しながら人材募集を掛ける会社はスルーしておくのが無難といえます。

    今まで経験したことのない分野とかに転身したい場合には、…

  • 全くの初挑戦となる業種などに転業を考えるときには、自分が前の会社で身についた能力や今までの経験が生きるという内容の自己主張が必要です。そのジャンルの未経験者は経験していない分その業種で経験してきた人たちよりも事実、損にはなりますが、自らが保持しているスキルがその場でも十分に生かせるということを相手に伝えることができれば、戦えるケースも多々出てきます。したがって、経験のない分野に挑む場合は、その分野とこれまでに自分がしてきた仕事との関連をできる限り見つけ出してみましょう。

    転職詐欺|就職活動する際に気を付けて欲しい求人内容は、そんなにきつそうな仕事ではないのに給料がよく…

  • 就職するため仕事探しをする場合に注意すべき求人の募集内容は、そこまできつくなさそうな仕事なのに給料がよく、拘束される時間が長めであるというものです。こういった募集内容の場合、給料に『みなし残業代』を含んで算出しているケースが少なくありません。みなし残業代というのは、『みなし』とも言い、例えばですが、30時間、45時間という風に求人の内容に時間が書いてあります。これは、毎月この程度の残業が想定されるので、はじめから給料形態に残業代を含んでおく、といったものです。(違法ではありません)もしも求人に『みなし残業代35時間込』と書いてあれば「書かれた時間分の残業代を入れた場合は、これだけの給料です」という話になるわけです。が、悪質な求人では、『みなし』を意図的に表記してない場合もあるので、よく注意をしておきましょう。

    転職詐欺|転職時の面接の時に面接担当者から「転職の理由は何ですか…

  • 転職のための面接では気を付けておきたい点があります。面接担当者から「転職理由をお聞かせください」と質問されるはずです。このとき、いかなる訳があったにせよ、前の職場の「人づきあい」「働く環境」についての受け答えは、できるだけ口にするのは避けましょう。というのも、此の様な内容の話は、採用条件としてマイナスに傾き、チャンスを無駄にしてしまいかねません。ですから面接では「前向き」な人物であると印象づけるのが必要なので、実際の理由とは違っていても、「新しい職場で、自身の能力を十分に発揮し、会社の成長をサポートできればと思っています。」といったようなアピールの仕方が良い印象を持ってもらえるのです。