転職詐欺|これはシフト制の仕事についての話です。

これはシフト制の勤務形態がある仕事についての話です。

  • 「シフト制」の仕事についての話なのですが、毎週、特定の曜日に働ける人を募集している求人をけっこう目にするのですが、シフトの出し方や休み方をあらかじめチェックしておきましょう。私自身、出産のため休む人の穴埋めとして、正社員として仕事をすることになったのですが、土曜、日曜が固定シフトで新人の私以外は、誰一人現場にいませんでした。産休に入った前任の方が「土曜、日曜」に必ず出ることができたので、私自身も出勤できる人として扱われてしまいました。ですから「土日」に休まざるを得なくなると、シフトを変えてもらう必要があり、同じ部署の先輩方に「結婚式で休むので代わりに出ていただけませんか?」と自分で連絡を入れなくてはいけませんでした。立場も給料もほぼ同じなのに土日を私ひとりだけに任せるだなんて・・・。思い出す度、本当によく我慢してやってこれたと思います。

  • 最近はパソコンで調べればネット上には、今では「転職サイト」に類するもの・・

  • パソコンやスマホは便利でネットで見られる世界では「転職のためのサイト」と呼ばれるものが相当な数あったりします。その多くて困るくらいのサイトから自分自身にピッタリの転職先を見つけるにはまずは情報を収集することです。サイトをしっかり利用することでスムーズな転職先探しが可能です。転職情報が満載で、転職希望者にとって役立つ情報満載の「転職サイト」もありますが、情報更新が遅く、粗悪な内容ばかり掲載しているサイトもあるので、注意しておきましょう。まずは、信用できるサイトかどうかを同ジャンルのサイトと比較しながら厳しくチェックしてみてください。

  • 転職期間のあいだは、自分の好きなことに打ち込むほか・・

  • 転職先を探している期間中は、自分の好きなことに時間を使うほか、体力を損なわない様にすると良いでしょう。採用が決まり、いざ仕事復帰した時に、趣味に打ち込んでいたことで、気付かない間に集中する力が養われます。加えて、体力づくりも同時にできているため、その場の社員さんよりも体力が持続するということを自覚します。そんなわけで、退職してからの生活は、自分の趣味に打ち込むことと、体力を低下させないようにしておくのがおすすめです。転職が決まり、その職場にて共通の趣味を持つ人とめぐりあうことができれば、友達になれるキッカケにもなります。ですから、今まで手を出してなかった事にチャレンジするのも転職期間の自由な時間の使い方です。

  • 転職詐欺|来週からでも転職やることに当たっては、現状の業務での納得いかない部…

  • 明日からでも転職活動を考えているのなら、直近の業務での不満に思う部分をリストアップしてみましょう。これは当然できていると思われますが、意外とできてないです。もともと不満な点があるからこそ、転職したいと考えているのは分かります。しかし「しっかりといまある仕事の客観的にみた問題な点を明確化する」ことが出来る人は意外なほど少ないのです。不満点を明確化し、解消されるならば、現状より悪化する事をあるでしょうがどこまで許せるかも考えましょう。自分の悩みをきちんと可視化しておくと、転職選びでのミスを防げます。そのあと、仮に転職した場合、「今の仕事よりも不便になりそうなこと」を明確化してみましょう。転職がスムーズに叶えられたとしても、現状の問題が全て解消されるとは限りません。ですが、デメリットとメリットのバランスをあらかじめ理解しておけば転職したあとのモチベーションの急激な低下は抑えることは容易になるはずです。

  • もし転職前、今勤めている会社の人たちがあなたの転職を知ると…

  • 転職することを、今勤めている会社の同僚たちがそのことを知ってしまうと、雰囲気が悪くなる可能性があります。周囲との付き合い方によっては、これまで通りに行くこともありますが、意地悪される可能性もあります。加えて、残業時間を増やされる仕打ちも考えられるので、うかつに「転職します」と周囲に伝えるのは考えものです。そのような状態を避けるために、今現在の職場では、真面目な態度でいましょう。そうしておけば、良い状態を最後まで保ちつつ、会社を去ることが出来ます。しかも、何の問題もなく円満に退職できたなら、退職後も、困ったときにアドバイスをもらえる機会にも恵まれるでしょう。業種や規模に関係なく、どのような会社であっても、人とのつながりはとても大切であるため、会社を辞める時のトラブルだけは起こさないようにしたいものです。

  • 今の職場や業務内容に対して、多くの人は不満を感じていると思います。

  • 今の仕事や業務に関して、ほとんどの人は、何かしらの不満を感じているでしょう。「自分の持っている資格やスキルを真面目に評価してくれない」または、「給料は平行線だし、レベルアップする可能性も見いだせない」といった点を挙げる人がほとんどだと思います。しかしながら、気持ちは理解できます。しかし、そういった悩みを持っている人の中には本人が自分自身の持っている器量を実際よりも「過大評価」していることもあります。万が一、自分を過剰評価していることに気が付いていない人が転職活動をした場合、「自分が活躍できる企業や職種なんてない」と休職期間が伸びることになりかねません。ので生活自体に支障をきたすおそれがあります。ですから転職活動で良い結果を出すためにも、自分の能力を知る事が大切です。

  • 転職詐欺|「ブラック企業」が社会的な問題として認知されてきたこともあり…

  • 近時は、「ブラック企業」に厳しい目が向けられるようになり、労働条件に関する取り締まりが活溌になったり、社名の公表がなされるなど厳罰化の方向に動いていますが、まだまだパーフェクトとは言えません。面接で見破る方法があります。最初に、求人票などに記載されている労働条件を見ておき、それらの項目ひとつひとつについて遠慮せずに質問しましょう。ブラック企業であれば、記載内容がウソだったときには、返答が曖昧なものとなります。結局は答えられなかったりはぐらかしをしてくるはずです。「給与」「休日」「残業」の箇所については、質問責めすると、困った表情を見せる可能性大です。それでも質問を続けると、ブラック企業によくある威圧的な態度や、ふてくされたような態度を見せ始めるため、その瞬間に相手のウソを確信できます。このような会社は、嘘をつく体質であるといえるので、それ以上関係を持たないことが無難だと思います。

  • 転職詐欺|以前の求人情報には、雇用主が必要とする「性別」について、…

  • 以前は求人情報に求める人材の「性別」まで当然のように書かれていました。ところが最近では、1986年に男女雇用機会均等法が施行され、採用する際、男女の差別がないようにしないといけないルールが敷かれ、募集要項のなかに男女の文字を見ることはなくなりました。でも、求人を出す雇い主としては、男性・女性のどちらでも良い、とは内心では考えていません。ですので、男性を希望のジャンルに女性が応募してきたり、その反対に女性が必要な案件なのに、男性がエントリーしてきたり、といった感じの問題が起こりうる可能性があります。もし、「女性が活躍する職場です」なんて書かれている求人募集の場合は、女性の働き手を希望しているのだと認識しておく良いといえます。