転職することをスムーズなものにするには、行動する前・・

転職詐欺|転職を成功させたいのなら、事前の情報収集を徹底してみましょう。

転職を成功させるためには、計画的な意味のある情報収集をしておきましょう。そうするには今は会社の名前を聞いたことのない小さな会社も公式サイトで宣伝しているケースが普通なので、インターネットを駆使して気になる点をチェックしておくとまたその会社について疑問点などを整理しておくと良いでしょう。それと公式サイトのほかに、「転職サイト」を利用してみるのも対策としては有効です。しかし、インターネットだけで判断するのは早計です。何より希望している職場を自分の目で見てチェックしてみることも大切です。

転職詐欺|今日はウェブ上では、「就職斡旋エージェント」以外にも…

近年はインターネット上では、「就職斡旋エージェント」だけでなく、ヘッドハンティング会社も増加しています。特許権を取得した経験のある人は、そのような会社から電話が掛かってきやすいといます。彼らは、特許出願を行った人のほかに、「研究開発」の論文を出した人、メディアによって注目を浴びた人など、「功績」ある人を対象に、電話やメールを用いてコンタクトを取り、ヘッドハンティングするネタにしています。もしも、あなたがヘッドハンティングと思えるような連絡をもらった際には、そのキッカケを考えてみましょう。ときとして、ヘッドハンディングだと思わせて、登録料を請求する会社もあるらしいですが、言うまでもなくイカサマであるので引っかからないように気を付けましょう。ヘッドハンティングは、企業が仲介業者に報酬を支払うので転職希望者が支払うものではありません。

転職詐欺|転職活動において、インターネット上で就職を斡旋してくれる、通称「エージェント」…

求職活動においおいて、インターネット上で就職を斡旋してくれる、通称「エージェント」つまり斡旋してくれる会社があるが、もしあなたがそのようなところに登録し、幸運にも転職先が決まった場合でも、「失業保険」は給付対象外となるので、注意しましょう。ハローワーク以外の機関を使って就職が決まったとしても給付対象にならないのであとで後悔しないように気をつけておきましょう。一方、ハローワークにより斡旋してもらい、就職できたときは、就業の準備金として一時金を得ることができます。ネットを拠点にする就職斡旋業者(エージェント)は、公的機関ではありません。彼らは、企業側から「紹介料」を受け取るだけであり、失業保険の手続きは管轄外です。これを頭に入れておかなければ、失業中に給付金をもらえなくなるので、就職エージェントを利用する際は、気をつけておきましょう。

これから転職する場合、派遣社員」で考えている人にぜひ注意していただきたい…

転職の際、「派遣社員」を選択しようと考えている人にチェックしていただきたいポイントが何点かあります。まず派遣と聞くとデータの入力、お茶出しなどの雑務、雑用等をのようなものをなんとなく連想する人がおそらく多いかと思います。実は私自身もそのように思っていました。現在働いている会社に入社するまでは「派遣社員」の募集に応募したときに「担当業務は電話対応になります」と直接説明を受けてもいたので安心しきっていました。ですが、実際に仕事に就くと、なんと「電話対応」以外に、退職した正社員の業務の穴埋めを任されてしまいました。とくに何をしていいのかもよくわからず、面接のときの説明とは異なる内容ばかりなので毎日非常に困っています。とりあえず、派遣の期間が過ぎるのを待つのみです・・・。

転職詐欺|ある古物商の人員募集に応募したところ、書類審査に受かりました。2、3日し…

ある古物商の社員募集に応募したところ、書類審査に合格しました。その後担当者から面接日時を告げられました。しかしながら、面接日当日、指定場所に向かうと、手違いがあったのか相手が面接の用意を一切していないことがわかりました。しばらく待っていると、責任者らしき人が面接中も半ば聞きというか、始終だるそうな対応の状態のまま何とか面接が終了しました。けれど、予定日になっても結果連絡が一切来ず、ガマンできなくなり、私のほうから問い合わせると、「郵送で今日、送付しました」と返答されました。しばらく待ちましたが、ですが、これも来ず、また電話をしたところ、どういったわけか、「残念ですが不採用とさせてもらいました」、と勝手に電話を切られました。私はしばらく言葉も出ませんでしたが、率直に、不採用で良かったとホッとしています。

近年の転職を取り囲む状況は、政治による影響が出始めています。

転職を取り囲む状況ですが、政治による変化が出始めています。今の安倍政権下では「アベノミクス」「三本の矢」といった形で経済政策が複数、展開されています。内閣が打ち出した新たな経済政策に連れ立って日銀による金融政策と、たがいに作用しあって、財界・企業ともに次の世代の社会的な変化が現れ始めています。そのような変化の中で、民間企業のあいだでも若い世代の減少と現役世代の大量退職による「人員不足」が社会問題化しつつあります。ちなみに、「外国人労働者」の比率を今以上に高めていくつもりでいると安倍政権は語っています。外国人労働者が増えることによって、日本国内の雇用や転職問題も大きく幅が広がりそうです。こうした変化のなかで国内の雇用や転職をとりまく事情も大きな影響が出てくるのは間違いないでしょう。

転職先を探している間は、そういう風にしたいわけではないの・・

転職活動中は、知らず知らずのうちに時間が有り余っているため、ダラダラと過ごしてしまいがちです。が、そうした過ごし方を習慣にするのは危険です。人間というのは、緊張感のない、だれた生活が普通になると、肉体的にだけでなく、心もダラケテしまうからです。なので、いつの間にか働く意欲がなくなり、生活ができなくなり困る未来がやってきます。このように、仕事も生活も悪いほうに進んでしまい、再就職先が決められません。転職先を決めることができないのは、給料を最優先に考えてしまうためです。お金を第一に転職先を探すことになるとやりたかった仕事を求めて転職を決意していたとしても思い通りの仕事ができるかわかりません。ですから、お金に縛られない生活をするためにも、ダラダラした生活は、しないように気を引き締めましょう。

転職詐欺|勤めていた会社で嫌な感じの上司の存在に悩みを抱え、その結果…

新卒で採用された会社で感じの悪い上司に困惑してしまい、ついには我慢することができなくなり退職し、ある他の同業の会社に職を変えました。転職先の会社ではパワハラもなく本当に充実した日々でしたが、時が経つにつれて会社の債務が増えて、最後にはとある会社に経営統合されることになりました。ところがその統合した会社がなんと以前働いていた会社で、それどころか反りが合わない上司が再び私の上司となることになりました。いったいこれはどれほどご縁があるのでしょう。当然ながらまた転職活動を始めています。