転職詐欺|あなたが再就職しようと考えた場合、「Uターン」「Iターン」な…

もしもあなたが転職しようと考えた場合、「Uターン」「Jターン」「Iターン」にお…

  • 転職しようと考えた場合、「Uターン」「Iターン」において都市部から地方に移り住んで再就職したいと考えている人が、ここ数年で増加傾向にあります。昔と違って転職サイトを活用すれば、国内全エリアの求人もいつでもアクセスできます。しかし、地方での求人情報では、大都会のそれよりも内容が薄く、数も少ないので、その点がマイナスといえます。したがって転職サイトを活用するのは当然ですが、転職サイトだけでなく、その地方の自治体や商工会議所の情報サイトもまめに確認しておくと良いでしょう。「地方自治体・商工会議所」など、行政が開催する転職サポートの情報も見逃しがないようにしましょう。

  • 「転職サイト」は、大手が運営していたほうが掲載される会社の数も多くなるた・・

  • 転職サイトは有名なサイトであるほど掲載され案件の量も多くなるので、気に入った2,3の会社を、ウェブサイトに登録して、希望する勤務地や年収についてチェックを入れて、条件に適合する案件が掲載されたら自動的にメールが送られるように設定しておくと簡単に情報収集を行うことが可能になります。初めに限っては登録するのがそこそこ大変なので、サイトに登録する前に、「履歴書」「職務経歴書」をしっかり準備しておき、そのコピー&ペーストをする形で登録すると簡単です。登録を行う初回時、少々時間がかかりますし、案件の検索や応募だけでも意外と苦労しますが、その後は、新規案件のみチェックするだけで良いため、後の応募を考えれば、初めの準備を怠らないことを推奨します。

  • 自分自身の好きなことを仕事にしたいと思っている人は注意が必要です。

  • 自分自身の大好きなジャンルの仕事に就きたいと思っている人は要注意です。私が実際に経験したことなるのですが、私自身、もともと食べることが本当に大好きだったのですが、それが理由で、過去には、飲食の世界(レストラン)に勤めていた時期がありました。そのレストランでの業務内容は、その飲食店で担当していた業務内容は、シンプルな盛り付け作業やホール業務です。この仕事内容については、嫌とかいったこともなく楽しみながら仕事ができていたのですが、職場の人間関係にすごく疲れてしまいました。そのことが理由で、退職したのですが、同時に、好きだった食べることやそのレストランでメニューとして提供されていた食べ物も嫌になってしまい、似たような飲食店にはしばらく経った今も行けていません。当時の店の匂いを思い出すだけで自己嫌悪になります。この仕事に就いた当初、好きだったものを嫌いになるなんて、自分でも驚いています。自分自身の好きな分野の仕事に就きたいと願い、実現できるのは悪いことではありません。ですが、あなたの「好き」はどのくらい本気なものなのか、改めて向き合う必要があります。

  • 女性の再就職に際して、近年と一昔前では若干、変化が見受けられます。

  • 女性の転職は、ここ最近と一昔前では多少の違いがあります。かつては面接の場で、結婚観や出産後の方針などに関して、ごく普通に女性に質問していたのですが、最近の動向としては、そのようなデリケートな内容は、セクハラに該当するかもしれないので聞かない会社の方が多くなっています。そしてまた、名の知れた大きな会社ほど、この手の質問をNG質問として神経質になっています。ですが、企業側としては、YES・NO、といった形ではなく、その人の姿勢、結婚後は退職するのか、出産後の具体的な対応を当然、知っておきたいと思っています。自身の価値観を知ってもらうためにも、志望の動機や自己ピーアールとともに伝えることで、会社側にもしっかり伝わり、安心できると思うわけです。ですので、たとえ、聞かれていない箇所も先にあなたの方から気遣いながら答えてみることを考えてみてください。

  • 今、私は派遣会社に登録して仕事をしています。

  • 今、私は派遣の会社に登録しています。ウェブサイト上でなんとなくよさそうな仕事を探し出して問い合わせたところ「その仕事はすでに他の方でお話が進んでいます」と言われて一時的にウェブサイト内から仕事の情報が見えなくなるのですが、翌日にそのページを見ると再びその求人募集が掲載されています。これは結局私だとダメっていうことですよね。それならカドが立たない程度ではっきりと伝えてほしいのですが、なかなかそういうことにもいかないでしょうか。それともまたひょっとして偽りの仕事なのでしょうか?

  • 転職詐欺|知人からの紹介を通じて転職を叶えようとしている人もいるでしょう。

  • 知人の紹介をキッカケにして転職先を見つけている最中の人もいるでしょう。でも、そこでの労働環境や、労働条件といった部分について知人からの口コミだけをあんまり信じすぎてしまうのは、あまり面倒なことになることが多いです。当然ながら、一人の個人の口コミはどうしても伝える側の主観が入ってしまうから客観性に乏しくなります。要するに友人にとって、働きやすい良い職場だったとしても、自身の価値観に照らし合わせたときには、ストレスフルな環境かもしれません。ということで、職場環境については口コミだけに頼らずに、最後は自身の決断を信じるしかありません。

  • 転職活動で重要なことは希望する企業とのやりとりというよ…

  • 最短で転職したい場合は希望する企業そのもの、というよりもある意味、「担当面接官」との勝負ともいえるでしょう。面接で満足いく結果を出すために、先ずは面接の時間になる前に平常心で対応することを心がけましょう。例を挙げると「素敵な女性とお見合いする」と捉えておく向かうと良いでしょう。とくに面接を介して最初に自分の人間性を評価してもらうので誤解を招くような言動や見た目は注意し控えましょう。そして常識的な社会人らしく面接に適した服装を意識しましょう。ある意味のオーラを感じさせることが大事になります。魅力ある人として面接官に認めてもらえれば、かならず転職活動での良い結果が出しやすくなるはずです。

  • やっている転職活動時、「自分は振り返るとこういった職・・

  • 今励んでいる転職活動の際、「今までにこのような種類の仕事をがんばってきました」「今までにこのようなスキルに磨きを掛けました」とそれまでの自分の実績などを強調する人はとても多いです。ただし、応募しその会社で「させてもらえるのならばこうありたい」「私が申したような内容ならできれば貢献できるはず」と未来の姿を話してアピールしていったほうが過去をメインにしながら語るより採用チャンスに恵まれます。この点に注意しつつ、転職活動をがんばってみましょう。