日本には古来より「石の上にも三年」というコトワザがあるのです…

転職詐欺|日本には昔から「石の上にも三年」という人生において戒めのの意味を持つ言葉があります。

日本には昔から「石の上にも三年」という諺もありますが、昨今、ないものと同然である「終身雇用制度」。転職というのは当たり前の世の中になってまいりました。そうではあるものの、「仕事を変えること」身近な存在になったからといっても、安易にそれを選択するのは考えものです。実際に再就職したいなら、適したを図る必要があります。まず第一に、現在の職場、や自分の置かれている立場などについて、不服点をおよそ10個、探してみてください。其れによって再就職に良いヒントを与えてくれます。そして、もし決断したら躊躇することなく、よりキャリアアップできるように、がんばりましょう。

私はこれまでに20代で転職を2回経験し、いまは資格を取得したい・・

これまで20代前半の時点で転職を数回し、現在、資格をゲットするべく派遣社員として企業に採用されました。常勤の勤務とは異なるため、手取りが少なくなってしまいました。ですがその分、以前より心と時間に大きな余裕が出来ています。たまに、学生時にもっと資格を取得し、就職できたら良かったのに、と多少の後悔はあります。また、資格を活かして働いている方に会うと非常に羨ましいと思ったりもします。以前は、成功している人と自分との違いにガッカリすることもありました。今は結婚をキッカケに生活環境が変わった今、前よりも明確な進路ができて楽しい毎日を過ごしています。

一度あなたが、転業の意思を固めたなら、あくまで社内の人に・・

万が一あなたが、とらばーゆの決意したのであれば、まったく会社にはこっそりとその気持ちを悟られないように、活動を進めていき、転職先が決定していないのなら、可能なだけ社内の人間に悟られないよう淡々と業務をこなしていくのがたいへん安全です。現職中、その状態でいれば、転職先探しに簡単に見つけられなくても、転身の予定を遅らせながら、今の仕事をそのまま続けても何ら問題がありません。でも軽はずみに「転職するつもりでいる」と口にすると、社内の人は、それに合わせて動きます。そればかりか会社内で「辞めるつもりです」と一言でもいえば、「あの人はもうすぐ転職する」と見なされます。そういった状況のあとで、転職の気持ちがなくなり、「やっぱり退職しないことにしました」となっても、周りは「一度は退職しようとした人」とあなたを見て、仕事を続けている限りは、肩身の狭い思いををするおそれもあります。

かつてかなり何個かの人材紹介会社に登録していのだが…

自分が勤め口を探していたころかなり何社かの人材紹介会社に登録していました。その時に感じたこと、それは転職アドバイザーの質が色々あって大体の場合、物足らないと感じる担当者ばかり。私にとっては人生かかっているのにもっと真摯に向き合ってほしいという想いが高まってきてしまいました。それが引き金となり自分がキャリアカウンセラーの資格を取得することにしました。キャリアカウンセラーとして働くには資格が必要です。資格の取得はお金がかかりました。それに加えて資格取得のための勉強の面に関してもハードではありますが、仕事を探している人からあなたが担当者でよかったと言ってもらえるキャリアカウンセラーになるために頑張っています。

転職詐欺|転職する際、現在働いている会社を辞める時に失業保険の給付を受けるための手続きが必要ですが、…

転職のために現在働いている会社を退社する時に「失業保険」給付手続きをしておく必要がありますが、もし自分から退職願を提出して退社する、いわゆる「依願退職」のケースでは失業保険はすぐには給付されず手続きにした後に失業が認定されてから3か月待たないと受け取れないのです。よく勘違いして退社した日の翌日から3か月経てば給付されると思っている人がいますが、この規則を間違って理解している人が、本当はもらえるはずだと思い込んでそれが原因でハローワークの担当者と口論になっているのを見たことがあります。ちなみに、自分側の都合ではなくリストラなど、「会社都合」での解雇のケースでは、失業認定されてすぐに失業保険が給付される。

転職詐欺|転職の時の面接などの際にもし名刺を渡された時、自分も相手の方に名刺を…

再就職の時の面接などの際にもし担当者に名刺を手渡されたら、あなたも相手の方に名刺を渡すべきであるのか?ないのか?と対応の仕方に悩んだときは、たいていの場合は差し出す必要はないと知っておくと良いですね。面接というのは仕事内のことではなくて、職に就くための採用活動内のことなので、一般的に名刺を交換する時間ではありません。合わせて、あなたは立場上会社の者としてではなく、あなた個人の問題でこの場にいるわけです。なので、もしも相手の方から名刺を渡された時でも、こちら側はもらうだけでよくて、相手に渡す責任は少しもないと判断できます。

転職を度々しないためにすることは一つだけです。

転職を繰り返す日々を止めるためには、少しコツがいります。スキルアップもそうですが、精神的に成長すると、転職を繰り返しません。今では、インターネットがあるのでメンタル面を強くする自己啓発系の情報は容易に知ることができます。そんな、時に転職以外の行動によっても、メンタルを鍛えられます。その最たる例はズバリ「海外に行くこと」ですね。海外に行くと、文化も言語も、日本とは大きく違うため、目につくすべてが刺激となります。なので、帰国後変化があるのです。帰国すると、自分のこれまでの視野の狭さに気づき、「世間の小ささ」というものをしみじみと実感することができます。その気持ちを携え(転職のための)面接に向かえば、これまでとは格段に違い自信満々に自己アピールができるはずです。ただ、退職して間もない頃は精神的にまいっている人も多いので元気になるまで休みましょう。

転職詐欺|仕事の面接で着るスーツの色については、新卒の方が就活の時…

転職時の面接でいるビジネススーツのカラーにおいては、新卒の方が就活の際にに準じたカラーが基本となっています。言い換えるならば、紺色や黒色のダークな感じの色、ということになります。転職のケースにおいても、着ていくスーツの色味に関してはこういう暗めの落ち着いた色が大多数で、黒や紺以外の色の人はほぼ見ることはありません。他のカラーで言えば、グレー系を着用している方が若干いるくらいです。一般的には紺や黒のスーツ派がほとんどを占めているのです。ですから、人事側からしてもそういった色であるほうが普通であるように感じるので、見た目の印象という観点ではぜひおすすめします。