求人情報には大部分の場合は大部分の株式会社では月収が明記されています。

求人についての情報誌やサイトを見てみると、大部分の場…

  • 求人関連の情報誌やサイトを見てみると、ほとんどの場合、普通の職場では月の給料等が記載されています。ただしこのポイントを確認する際は、注意して確認する事が必要です。額の多い少ないだけ見て納得しないようにしましょう。というのはもしかすると、月収のなかに月20時間残業の場合を前提に計算されている可能性もあります。そういうことは残業代を含めて計算することで好条件であるかのように見せ、人材を募集しているケースも少なくないのです。このほか、「歩合給」を付けますよ、という案件にも注意が必要です。歩合をかなり多く見積もって月収として見せているケースもあるんです。そういうわけで、そういったよく分かっていない人たちを扇動しながら人材募集を掛ける会社は近づかないほうが良いでしょう。

  • 転職詐欺|全く経験したことがない業種などに転業したいと考えているときには…

  • 経験したことがない業界などに転業する際には、前の職場で、自分が育んできた力ややってきたことを生かすことができるという内容の自己主張が必要です。初めてのジャンルの場合、未経験の分だけその業界で働いたことがある人よりも正直、不利になりますけど、自分自身が保持している力がそのジャンルでも生きるということを話すことができれば、戦えるケースもあり得ます。そのため、経験が全くない業種にチャレンジする場合は、その業種と前の職場でやっていた職務とのつながりを必ず発見しましょう。

  • 転職詐欺|就職活動をするときに気を付けるすべき求人内容は、そんなにきつくなさそうな仕事なのにも関わらず給料が高め・・

  • 就職活動をするときに注意が必要な求人は、そんなにきつそうな仕事内容ではないのに給料が高めで、拘束時間が長めというものです。こういった募集内容の場合、給料に『みなし残業代』を含んでいる場合がたいへん多いのです。みなし残業代というのは、『みなし』とも言い、30時間、45時間という感じで求人の内容に時間の併記がされています。これは、毎月このぐらいの残業発生が想定されるので、最初から給料形態に残業代を入れて計算しておくというものです。(注意・違法ではありません)仮に求人に『みなし残業代20時間込』とあれば、「書かれた時間分の残業代を入れると、これだけの給料になります」という話になるわけです。が、悪質な求人には告知しておくべき『みなし』という言葉自体がないこともザラですのでよく気を付けてください。

  • 転職詐欺|転職の際、面接は避けて通れませんが、面接の際に人事担当から「転職理由を聞かせて頂けますか?・・

  • 転職時の面接では面接担当から「転職理由を聞かせて頂けますか?」という風に、かなりの高確率で聞かれます。この場合、どういった理由があろうとも、前の仕事場での労働環境や人づきあいに関しての愚痴ともとれる返事は、できるだけやめておきましょう。なぜなら、そのような不満を口にすると、心象を悪くしてしまい、チャンスを水の泡にしてしまいかねません。そのため面接時にはポジティブな発言がかなり大切です。、本心とは違っていても、「新しい職場においては、自分の能力をより発揮し、また、さらなるキャリアアップを図りたいと思っています。」此の様な言い回しが重要です。

  • 転職詐欺|転職をする際の面接で会社側からクールビズで来てくださ…

  • 再就職の面接に関してですが会社側からクールビズでもOKとと言われる場合があります。しかし、クールビズで伺うのは本当は良くない印象を与えるのではないか?とマイナスに考える人もいます。そのような考えを懐に背負いこんでいる方々にアドバイスしておきたいのは、クールビズでも良いとされている面接時は伝達事項をそのまま守った方が無難です。悩みすぎてしまい、汗をかく時期にスーツを着込んでいくと自然ではありませんから、クールビズでも大丈夫ですよと書かれていたらクールビズで行く方が好ましいのです。

  • 転職する場合は、事前にネット上の求人サイトを閲覧したりし…

  • 転職をするとき、まず、ハローワークの求人票や求人雑誌、あるいはウェブ上の求人情報を見たりして気になる会社を調査するでしょう。ところが、その会社が実際にそのようなところに情報を出す場合には、コンサルタントに相談をしている場合が多いです。コンサルタントはいかに、会社にとって都合の悪い情報を隠せばいいか、仮に公開するとしても遠回しな表現に徹します。そのような会社の「社長インタビュー」または「社員情報」などの話は、そのままを信じるよりも、半信半疑で受け止めておいた方が良いでしょう。仮に耳障りの良い話を鵜呑みにしてしまったら、予想とは全く違うと後々、後悔したり、場合によってはトラブルに遭遇するおそれもあります。悪意ある会社は、素直な人間を取り込み、その後、あれこれと難癖をつけて退社させないように謀っています。この種のブラック企業には注意が必要です。

  • 転職詐欺|再就職する場合準備しないといけない履歴書などに関しては、…

  • 再就職する時に書く必要がある履歴書や職務経歴書については、たいてい、手書きではなく、パソコンで作成するというのが多いです。我が国においては履歴書や職務経歴書はパソコンを使わず自筆で作成するということが当たり前だと考えられているようですが、それは新卒の人たちに関する就活やアルバイトやパートについてであって、実際には、転職については履歴書は手書きじゃないといけないとまで言い切ることはできません。手書きの履歴書を高く買う場合もありますけど、そうじゃないケースが増えてきますから、パソコンを使って作成したものでも良いケースはいくつもあるのです。

  • 転職詐欺|転職にもあらゆることが順調に運ぶとは言い切れません。

  • 転職を考える場合、全てが順調にいくとは言えません。どうせするなら、支障がないならできれば早い時期に行動したほうが良いです。平均的に見ると、30代前半までは成果があがりやすいですが、30代後半~40代を迎えてからの転職活動全般は、かなり厳しくなります。重要なポジションにいる場合、転職する意思が芽生えたとしても、現在の会社に留まることも選択肢から除外しないでおきましょう。退職届を出したあとに転職活動するよりも、今の会社での仕事を続けながら、注意深く行動したほうが失敗することもありません。