もしも転職前、今の職場の同僚たちが、そのことを知ってしまうと…

転職する前には、今働いている会社の人たちがあなたの転職を知ると…

  • 転職する前には、今働いている会社の同僚たちがそのことを知ってしまうと、雰囲気が悪くなる可能性があります。労働環境によっては、問題はないこともありますが、意地悪、やっかみの対象になるおそれがあります。ひどいケースでは、残業時間をわざと増やされてしまうことも考えられるので、うかつに転職のことを周囲に伝えるのはお勧めしません。なので、上記のような状態を避けるために、今所属している仕事場では、いたって真面目な態度でいましょう。充分に警戒しておけば、良い空気をギリギリまで維持したまま、晴れやかに会社を辞めることが出来ます。そして、何の問題もなく円満退職で終えられたなら、転職後、あなたが困ったときに相談できるチャンスにも恵まれるはずです。会社の大きさに関係なく、何処の会社も人とのつながりは大切であるため、会社を辞める前のトラブルは、できるだけ警戒しておきたいものです。
  • 今現在の勤め先や仕事内容に対して、大半の人は、何かしらの不満を感じているでしょう。

  • 今現在の職場や仕事に対する多くの人は不満を感じていると思います。「自身の持っているスキルや仕事での能力を正しく評価されていない」したがって、「給与のアップも、昇進の見込みもない」といった内容が多いように見受けられます。しかし、気持ちは理解できます。しかし、上記のような不満を持っている人のなかには本人が自分自身の器量を実際よりも過剰評価し過ぎていないか、再確認することが肝心です。自分を過剰評価していることに気が付いていない人が転職活動をした場合、「自分が活躍できるチャンスがこの企業や職種にはない」と中々転職先が見つからないおそれがあります。可能性も少なくありません。そういうわけで転職を円滑に行うためにも、本来の自分のキャパシティを客観的に見つめることから始めてみましょう。
  • 近頃は、「ブラック企業」に厳しい世間の目が向けられるようになり…

  • 現代では、「ブラック企業」に厳しい世間の目が向けられるようになり、労働条件に関する取り締まりが活溌になったり、悪質な会社が公表されたりするなど、罰則も強化されていますが、完璧とは言い難いです。なので、面接時に「ブラック企業」かどうか、自身で判断してみましょう。とりあえず、求人票等に書かれている労働条件を確認し、それらの項目を順番に聞いてみましょう。おおよそブラック企業であれば、記載内容にウソがあったときは、返答が不自然になります。結局は答えられなかったり逃げ腰になることが多いです。特に給与と残業、休日に関しては、質問責めすると、渋い顔をすることが多いです。それでも食らいつくと、ブラック企業によくある高圧的な態度や、ふてくされたような態度を見せ始めるため、そこでようやく相手のウソを確信できます。この手の会社は、約束を履行してもらえないばかりか、入社後もふてぶてしい態度を繰り返される可能性が高いので、「何か引っかかる」と思ったなら、それ以上関係を持たないことが無難だと思います。
  • 前の求人誌に雇用側の希望する「性別」が記載されていました。

  • 今までの求人誌には、雇用主が求める人材の「性別」まで明記されていました。しかし、1985年に男女雇用機会均等法ができたことによって、採用時、男女の差別をないようにしないといけない事が決まり、求人情報に「性別」が記載されなくなりました。そうはいうものの、募集情報を出す側は、男性・女性どちらでも同等に雇用するとは限りません。従って実際は男手が希望の会社に女性が募集にやってきたり、その反対に女性が必要な案件なのに、男性が来てしまったり、といった問題も他人事ではないのです。もし、「女性が活躍する職場です」という内容の求人募集は、求めているのは女性だと捉えておいたほうがトラブルを避けられます。
  • 転職活動において、重要なのが「面接」になります。

  • 転職をするときにとても重要視されるのが間違いなく「面接」になります。一般的な面接の際は、応募者に対して転職事由や退職理由など将来の展望など、さまざまな点を尋ねると思います。そして必ず、面接の終了間際に転職希望者から、面接担当の人へ逆質問に切り替わります。面接官から、「何か弊社に関して疑問点はありませんか?」と言ってくれるわけです。こういったときは、面接者本人が対応できず、戸惑う事もありまよすね。こんな場面に備えて、予め面接担当者からの質問に際し、聞きたいことをいくつか考えておくことをお勧めします。冷静に考えてみればしっかり考えておけばいくつも疑問点は見つかるはずです。ぜひ、試してみてください。
  • 失業時に受け取ることができる「失業保険」は、失業していることが給付の必要条件ですが…

  • 失業者に給付される失業保険は、失業中でなければ給付されませんが、この給付には、しっかり「期間」があります。失業時までに働いていた期間に応じて異なり、90日とか120日とか設定されるのですが、驚くことに知らないで失業中である限り給付されると思い込んで仕事をすれば失業保険をもらえなくなるから損だと考えて仕事を探さずにブラブラしている人もいますが、給付期間の終わり際にやっと自分の誤りに気付き焦りつつ仕事を探してもロクなところが見つからない可能性が高い。転職を希望している会社の面接官もバカではないので、「いつに失業したか」「どのくらい失業期間があるか」「その間、何をしてたか?」についてほぼ相手(面接官)に見透かされると思っておいた方が良いです。場合によっては、面接官からそのような質問を食らう可能性もあります。きちんと返答できなかったり、すぐにバレる嘘をついてしまえば、採用は極めて困難になります。
  • 新しい仕事についてすぐはいきなり満足できるほどの「年間報酬」を手にできると考えないほうが良いです。

  • 転職しようと思うなら、「年間報酬」の高望みはしないほうが良いでしょう。中でも、入社したはじめの年度は、おおむね「研修期間」を含んでいるというのがケースが多かったりもします。私のケースでは、四苦八苦して転職して予想とは裏腹に前の職場での年収と見たところイコールでした。そればかりか、業務内容はきつくとても責任のあるもので、二年目を迎えるまでひどく労力を伴いました。ではどうすればいいのか、初年度は、仕事を覚える期間と割り切り、できる限り転職前に貯蓄をしておいて、当面の生活を安定させるべきだと思います。
  • 転職詐欺|転職活動と今の仕事の同時進行を行う人が多いです。

  • 転職活動を現職と並行している人が多いです。とはいっても、忙しく仕事をしながら求人情報の応募に走ったり、面接を受けるのは精神も肉体も消耗が激しいといえます。転職活動をしているあいだ、現在の職場の同僚や上司にその動きを悟られないようにしなければいけません。先のことを考えずに応募する、という人がいますが、もしも、そのまま書類選考が通り、面接の段になって辞退すると今後の転職活動がうまくいかなくなるおそれがあります。転職エージェントを使って応募していた場合は、エージェントに悪い印象を与えてしまいますし、それとは異なり自身でダイレクトに応募した場合も応募した企業からの電話やメールでの勧誘がしつこくやってくることもあります。どちらにしても自分の貴重な時間を浪費することになりかねないので、行くつもりのない会社は、はじめから応募しないのが賢明です。転職活動は、新卒の就活とは大きく性質が異なる、と認識しておく必要があります。