転職詐欺|雇用期間中なら、出来るだけ周りの人間にバレないよう…

転職詐欺|在職中はできるだけ会社内の人にバレないように(自身の…

  • 在職中は可能なかぎり周りの人間にバレないように(ちなみに私のときは)在職期間中に転職する考えのみ早いタイミングで周りの人にほのめかしたことがありました。とはいうものの、その後に求人誌を散々色々とチェックしてみたのですが、悲しいことに就職先も転職時期も無計画なまま煮詰まっていないままいつの間にか時間だけが経過してしまいました。そしてその一方、会社のほうは、退職に関わる諸々の手続き、私自身の退職予定日などが確定していき、そして最終的には、「退職予定日に合わせて就職先を決める」という、なんとも本末転倒な結果になってしまいました。ですが予定は噛み合うこともなく、失業期間を経験したあとで、次の就業先を再度探しました。

  • 転職詐欺|これからの社会では思考を必要としない仕事は機械に変更されて…

  • これから段々と思考を必要としない作業は機械で対処されるようになりその切り替えによって稼働人口はどう考えても減少させられてしまいます。なぜかというと、簡単な労働という観点では機械で進めたほうが数段に分があるからです。例えば、数をカウントしたり、同じ動きをずっと繰り返すのは機械なら何の苦もありません。当たり前のことながら人と違って泣き言も言わず、ペースが変わることもなく不正行為をすることもないし、正確だし均一化できる強みもあります。おまけに給料も発生しません。ですから、生身の人間を使う意味がなさすぎます。機械化が自然といえます。

  • 転職詐欺|将来転職活動をするのなら、気になった求人(OR 業…

  • あなたが転職活動中に、気になる求人(職種)を見つけたら、絶対「〇〇業(気になる業界)、ブラック」でネット検索を掛けてみましょう。求人票や担当してくれる転職エージェントから入ってくる言葉からは、業界に関するマイナス要素について、教えてはもらえません。ネットで調べればインターネット検索を活用することで一発で実態を知ることができます。そうしたチェックを怠りながら入社すると、あとになってガッカリしてしまうおそれがあります。だいたいその求人が出ていた理由が「業務内容がキツく、なかなか人が定着しない」ということもかなり多いため、気に入った案件や業種については、注意したほうがいいです。

  • 転職詐欺|就職エージェントの大手に限って、たくさんの案件を取り扱っている…

  • 転職エージェントは大手であるほど、多種多様な案件を取り扱っている他方、転職を希望する競合者も大勢います。したがってあなたが、応募したい会社を見つけても、そのエージェント担当者が「転職の望みが薄い」と判断すると応募してくれない場合もありますし、あなた以上に転職の可能性が高い適正人物が他にいたら、その人を優先することも考えられます。要するに大手の転職エージェントは、サイトに掲載していない案件をデータ宝庫として扱い応募することが難しいので、策略を変更してもっと規模が小さいエージェントに対し、会社や案件を伝えてみて、応募できないか相談してみると、自分のために働いてくれることもあるので、そういった感じで利用してみるのも一つの手だと思います。

  • ついこの間、転職したばかりというのに、すぐに退職届を提出する人が…

  • ほんの2ヶ月まえに、転職をやっとしたというのに、少ししか仕事もしてないのに辞めてしまうケースがわりと多いといいます。何故そうなるのかと思うと私見ですが新たな気持で仕事を見つけたというのに、「思っていた職場とだいぶかけ離れていた」「職場の雰囲気に馴染めない」ということで退職してしまうみたいです。でもこのような、転職における失敗を未然に防ぐためには、初歩として、事前の情報収集を欠かせません。徹底して行うべきなのです。職場独自のルール、通勤にかかる時間、など前もって調べておくことで疑問点を早めに解消しておくのが正解です。

  • 再就職で職場を新しく換えるということは、自分に見合っ…

  • 再就職して仕事先を新しく替えるということは、自分自身に合う新たな就職先を見つけたほうが良いということです。仕事を変えれば、うってつけの仕事に就くことができるかもしれません。ですが、デメリットもあって、即戦力となりうる能力を持っていないと、転職自体がままなりません。表現を変えると、あなたのスキル次第で天職に就くことができる可能性も高くなる、ということです。最近では「職業選択の自由」が社会通念上として認められていて、仕事の環境を変えたとしても問題も生じないでしょう。組織と人との関係が軽薄になりつつあるこんにち「スキルのある人材が欲しい」と思っている企業も増加していますので、この好機を有効に使ってみてください。

  • 先日新しい仕事を見つけるために人材会社に登録に行きました。

  • 転職活動の一環として人材バンクへ登録に向かいました。そのときカウンセリングに出てきた担当の人の雰囲気がどうも新入社員じゃないかと思う人で、私の説明の50%も彼はわかってはいない模様だったのです。にもかかわらず「キャリアデザインが物足りないですね」とか「もっと自分の強みをはっきりとさせる必要があります」とか、わかったふうに横柄にしゃべるので大変嫌な気持ちになりました。カウンセリングをする人はそれなりにはカウンセリングの経験がある人にするべきだと思います。

  • 年内中に転職される人で次の仕事をする前に期間があるのな…

  • 今から転職活動をしていく人で、次の仕事を始めるまでにまだ時間が掛かりそうなら必ず失業手当をもらうことをおススメします。あなたが働いている会社が「雇用保険」を支払っていた場合は、申請をすればだれでももらえます。そして手続きについては、「ハローワーク」で行う必要があります。もしも自己都合で仕事を辞めた方は失業手当が受給されるまでの待機期間(3ヶ月)ありますが、企業の都合の退職、残業時間の内容次第でただちに受け取れることもあります。なお、「失業手当」の金額については、会社で最後となる勤務月の近々の給料を軸に計算されるので、もし、「閑散期」「繁忙期」が存在する業種であれば、「繁忙期」後に辞めるのがお勧めです。