とある古物商の求人にて、書類審査を通過しました。すぐに…

転職詐欺|ある古物商の社員募集に応募したところ、書類選考に受かりました。2、3日して…

  • とある古物商にて、書類審査に受かりました。その後先方から面接日時を告げられました。けれども、当日、時間通りに指定場所まで行ってみると、手違いがあったのか相手が面接の用意を全くしていませんでした。しばらく待たされたのち、所長らしき人物が面接中も半ば聞きというか、最初から最後まで、たいへんに面倒くさそうな態度を見せてひとまず面接が終了しました。ところが、予定日を過ぎているのに、採用結果すらなく、いてもたってもいられず、自ら問い合わせてみると、「郵送で今日送った」と返答されました。しばらく待っていましたが、しかし、これも未達でそこでまた問い合わせたところどういうことなのか、「残念ですが不採用です」、と一方的に電話を切られてしまいました。呆れ果てて何も言えませんでしたが、本当は、採用されなくてよかったです。
  • 政治によって状況が変化しつつある転職事情ですが、安倍総理が主導する現内閣によって…

  • 政治による影響がでつつある転職事情ですが、安倍総理が舵取りを行う現政権下では、アベノミクス「三本の矢」など、新たな経済政策が複数、展開されています。内閣が打ち出した新たな経済政策が日銀主導の金融政策とも相まって、財界や民間企業間においても次世代の変化が生じ始めています。その変化を受け、企業のあいだでも労働人口減による人手不足が深刻化しています。なお、「外国人労働者」の割合を現状よりも増やしていく、と安倍政権は方針として掲げています。外国人労働者の増加に伴い、日本国内の転職問題についても幅が広がりそうです。こうした変化のなかで国内の雇用・転職状況も大きな影響を及ぼすことは間違いありません。
  • 転職詐欺|転職活動中は、知らず知らずのうちに時間に余裕があるため、…

  • 転職の間は、そんな風に過ごすつもりもないのに時間に余裕がある分、気が緩んでしまい、だれた生活になりやすいですよね。けれども、そんな風な生活を常態化させるのはキケンです。というのは、気の緩んだ、だれた生活が当たり前になると、肉体的にだけでなく、「心」も不健全な状態になるからです。時間がたつにつれて、働く意欲を失い、経済的に困る事態となりかねません。そうなると、生活も仕事も悪循環になり転職をしたい会社が決められません。次の仕事を決めることができないのは、お金を第一に考えてしまうからです。給料を最優先事項に考えざるを得ない状況では仕事内容を重視して転職を決意していたとしても結果はあまりいいものとは言えません。そのため、お金に縛られない生活を始める為にダラダラした生活は、転職活動中には必要ないのです。
  • 新卒で採用された会社でつらく当たる上司に頭を抱え、…

  • 勤務していた会社で嫌な感じの上司に神経を削られ、最後には我慢の限界を超えてその会社を退職し、同業者である他の会社へ変えました。そこでは面倒な上司もおらずきわめて満足していましたが、時が経つにつれて業績が落ち込み、ある会社に経営統合されることになったのです。奇遇にもその経営統合した先の会社が驚くなかれ前に働いていた会社で、おまけに転職のきっかけとなった上司が再び私の上司になることに。いったいこれはどうしてこんな縁があるのでしょうか。当たり前のことですが新たな転職先を探す活動を始めるつもりです。
  • 転身を検討しているのなら、いろいろな企業の採用情報を日常的に調べたり比較したりしておく・・

  • 転職を視野に入れているなら労を惜しまずに多種多様な企業の情報を日頃からチェックしておくと転身時の選択に役立ちます。あなたが今現在の職場にやりがいを感じていないケースでは、本格的に転職活動を始めたときに、どこの会社もいいように見えます。そうなってしまうと、どこを選択するべきか、わからなくなり、判断を間違えてしまいかねません。結果的にはごく短期間で嫌になってしまうこともあるので、どんな会社か見極める目を養っておくのがベストです。会社の雇用に関する情報だけ見る以外に、その会社の「取引している会社」も要チェックです。透明性を重んじる会社は取引している会社の情報を公開していますし、逆にそういった会社ではない場合、広告宣伝ばかりしている傾向が強いので、その点もチェックしてみましょう。そのうえ、会社によっては、個人グループに入ってることもあるので、グループ名を調べると細かい所もチェックできます。
  • 新卒採用で入った会社にお別れをして、転職を決断しました。

  • 新卒採用で入った会社に別れを告げて、決意を新たに転職しました。会社を退職する前は、しばらく悩んでしまいました。しかし、社会人となって数年あとに仕事を辞め、沢山の人が転職を経験していることを転職活動中に学び、無意識のうちに悩みが消えて、気持ちが楽になりました。1度、転職をすると徐々に気持ちが楽になり、「自分のやりたいこと」が再確認できて楽しいものになりました。いまだ「仕事をコロコロ変えるなんてとんでもない」といった転職に対してマイナスな意見もありますが、それが必ず正しいのかなと思いました。私の人生においては転職を決断して良かったと思います。
  • 転職の面接に希望先の会社へ赴いたときのことです偶然社内の会議室や応接室…

  • 転職時の面接に希望先の会社へ赴いたときのことですその日に限って会社の会議室が空いていないということで外部のとある場所で人事部の方と待ち合わせて採用面接を行って、当該会場で解散をして、面接をした方も会社に帰らず自宅直帰されるとのことでしたが、ビックリしたのは自宅最寄駅が一緒。なので電車の中においてもずっとおしゃべりをしながら帰ることになって、すっかり緊張がなくなり面接しているよりもお話が弾み、それがプラスになったのか問題なく採用もゲットすることができました。
  • 転職詐欺|安定性を欲しがって「正社員」になりたいと思っている人は…

  • 安定的な生活を手に入れるべく「正社員」になろうとしている人は多いと思います。即戦力として働けるように資格を取得するなどして相当な努力をしていても、正社員としての転職活動そのものが難しいケースも少なくないはずです。派遣社員の求人はかなり目に付くのに正社員の求人募集以外はスルーしてエントリーしない人も少なくないでしょう。仮に、中々転職先が正社員として迎え入れてくれないのなら、非正規雇用者に応募することで道が開けることもあります。なぜなら、会社のなかには、働きぶりによって数年で正社員にステップアップを図れるようにしている所があるからです。ですから面接時に「正社員登用」の有無を質問しておけば、将来設計も組みやすくなります。