転職のための面接では、多数の人が考え違いをしているので…

転職時の企業の面接に関して、勘違いしている人が多いのです・・

  • 転職を成功させるための面接に関して、多数の人が考え違いをしているのですが良い印象を与えたいと過度に猫かぶりすることは、予想に反して逆効果になる可能性があります。そんな事態を避けるためには猫をかぶるよりも面接の際は「育休」など、多くの人がかなり質問しづらい内容を思い切って質問しておいた方が、最終的に間違いなく自分のためになります。意外に思うかもしれませんが、「入社前の段階でずけずけと質問をすると、最終選考に不利になるのではないか」と危惧する人もいるかもしれません。だけども面接官に良い印象を持ってもらえることは結果的には可能性が高いといいます。こういったお金や労働環境に対する内容は、実のところ、誰しもが尋ねておきたい内容ですよね。とはいえ、面接に応募した人たちの多くは、はっきりと聞けないものです。それをあえてそんな状況で踏み込んでおくと、「こいつは他と違う」と面接担当者へのアピールとなるのです。
  • 転職を考える際、その職場の自分の年収ばかりを気にする人は、…

  • 転職というものを考えるとき、転職したあとの自分の年収について気にする人が案外多くいます。もちろん大半の方は、仕事というのは収入を得るため、自分の生活を成り立たせるために行うものです。だから生活費を手に入れるべく精を出すはずです。とうぜん年収がどれだけかは自分自身の評価という見方もできるから、当然大切と感じるのは当然ではあります。しかし、あまりに年収というものに異常にこだわりすぎる人生というのも虚しい気がします。この世には年収に反映されない仕事であっても精神的な充実を得られることが多々あるからです。
  • 転職詐欺|「転職エージェント」では、登録後、電話やメール連絡が執拗に入ります。

  • 転職サイトに登録すれば必ず、頻繁に電話やメールをしてきます。そのため「転職エージェント」の初心者の方は、とてもびっくりする場合がよくあります。転職エージェントは転職をサポートすることが仕事なため、とても積極的にアプローチしてきます。特に大手エージェントは、転職を完了させる対価として企業からお金が入る仕組みであることから、転職者の都合よりも企業の都合を優先的に考えることがよくあります。転職エージェントは、契約数を増やしたいために、内定が取れると間髪入れずに、「入社はどうでしょうか?」と説得の連絡をしてきます。自身の気持ちや意思を明確にしておき、無理に転職することがないように心がけるようにしましょう。
  • 転職詐欺|派遣として働く会社が決定しました。

  • 派遣会社でのお仕事が決定しました。仕事の初日に営業を担当している方と派遣先の近くにあるコンビニで合流することになっていたのですが、どういうわけか店の前にいないから店内にいるのかもしれないと思い店の中に入ってみたら、担当者はなんと雑誌売り場の所でしゃがみ込んでいかがわしいグラビアのページを開いて閲覧していました。こんな担当の方の仕事なんて願い下げと考えて、挨拶することもなく気付かれないようにコンビニを出て直ちに派遣会社に辞退をする旨の連絡を入れました。
  • 転職詐欺|転職することを成功させるためには、行動する前に情報を収集することをしておきましょう。

  • 転職することをスムーズなものにするには、最初に情報収集が必須です。ですから最近は企業の名前を知られていない中小企業の意地でかHPが用意されているケースが当たり前になっているので、ネットの機能を利用して自分が知りたい情報を調べておくとまたその企業についてよくわからないこと等を整理しておくと転職の助けになってくれます。また、公式サイトに加え、「転職サイト」を利用してみるのも良いかもしれません。さらに、インターネット以外の方法として、その職場を自らチェックしてみることも大切です。
  • 転職詐欺|最近、ネット上では、「就職斡旋エージェント」や、ヘッドハンティングの専門業者も増加しています。

  • 近頃はネット上では、「就職斡旋エージェント」以外にも、ヘッドハンティング会社も増加しています。「特許」を申請した人は、連絡を受ける可能性が高くなります。彼らは、特許申請を行った人に限らず、研究開発で論文を発表した実績のある人や、テレビで紹介された人など、何らかのインパクトがあった人に狙いを定めて、電話やメールで連絡を取り、ヘッドハンティングのネタにしています。仮にあなたが、ヘッドハンティングと疑われる連絡をもらった際には、そういったことが無かったか思い出してみましょう。ここ最近は、「ヘッドハンティング」と称し、登録料を要求しようとする会社もありますが、そういったものは例外なくイカサマであるので騙されてはいけません。ヘッドハンティングは、企業が仲介業者に報酬を支払うので転職希望者が負担するものではありません。
  • 転職詐欺|求職活動をするとき、ウェブ上で就職を斡旋してくれる業者(エージェント・・

  • 職を探すのに、インターネットを介して就職斡旋してくれる業者(エージェント)に頼る手段もありますが、あなたがそういったところに登録し転職先が決まった場合でも、失業保険の給付を受けることはできません。失業保険は、「ハローワーク」できちんと手続きしないと失業保険は給付されないので気をつけなければいけません。これと異なり、「ハローワーク」を通じて斡旋してもらった会社に就職できたときは、就業に備える準備金として「一時金」を得られたりもします。ウェブ上のエージェントは、私的機関です。単に斡旋の報酬として企業から紹介料をもらうだけで、失業保険の手続きは管轄外です。このようなことを知らない場合は、失業中に給付金をもらえなくなるので、就職エージェントの利用を考えている人は、充分に注意しましょう。
  • 転職する場合、「派遣社員」を選択予定の方に覚えていてほし…

  • 転職の際、正社員ではなく「派遣社員」を選択しようと考えている人に注意してもらいたい点があります。なんとなく派遣社員に対して、「電話対応」「データ入力」「その他雑用」のような業務を連想される方がおそらくいるはずです。実は私もかつてはそう思っていました。今、働いている企業に入社するまでは「派遣社員」の求人に応募したときに「業務は電話対応になります」と直接派遣会社の担当者からも聞いていました。が、いざ入社したとたん、まさか「電話対応」だけでなく、辞めた正社員の穴埋め役を指示されました。何をしていいのかもよくわからず、面接のときの説明と大きな食い違いがあるので毎日全くわからないような内容でしたので、とにかく、ひたすら派遣の期間が過ぎるのを待つのみです・・・。